土地家屋調査士鈴木政哉事務所|土地家屋調査士の他に調査・測量・登記の事ならお任せ下さい。

土地家屋調査士鈴木政哉事務所

お問い合わせ

 

土地家屋調査士
鈴木政哉事務所

〒176-0005
東京都練馬区旭丘1-34-1
TEL:03-5996-1100
FAX:03-3953-1013
E-mail:info@sre-ma.com


会社紹介

≫会社案内はこちら

 

登記情報提供サービス

 

日本土地家屋調査士連合会

 

東京都地家屋調査士会

 

法務省

 

首相官邸

 

東京都建設局

 

HOME»  こんな時には・・・
土地家屋調査士とは   業務内容   こんな時には・・・  

 

こんなときには土地家屋調査士にご相談ください

土地の払下げを受けたとき

未登記の廃止をした道路や水路等の払下げ申請をして自分のものになったとき、譲渡証明書を添付して、1ヶ月内に「表示登記」申請をします。

 

1筆の土地を数筆に分けたいとき

分割して売買するようなとき、調査・測量して1筆の土地を2筆又は数筆に分割する「分筆登記」の申請をします。

 

山林等を造成して宅地に変更したとき

山林や畑等であった所に家を建て宅地を変更したとき、つまり、土地の用途を変更したときは1ヶ月内に「地目変更登記」の申請をします。

 

登記簿の面積と実測の面積が違うとき

登記簿に記載されている面積(公簿面積)と実際に測量してもらった面積(実測面積)が違っている場合に「地積更正登記」の申請をします。

 

法務局の地図が誤っているとき

法務局に備え付けてある地図や、公図に誤りがあるときは「地図訂正」の申出をします。

 

境界標がなくなって不明になったとき

このことは、登記には直接関係がありませんが、境界標が亡失した場合、又ははじめからない場合は、図面に基づいて復元するか、人証、物証、書証等により調査し隣接者の立会いを求めて設置します。